シロアリから家を守るために、天然素材で守る方法。

シロアリ防除処理、


「あれ?うちの子、アレルギーあるけど、大丈夫なのかな?」

と心配になったり



「なんだか工事後から、体調が悪くなったような…」

なんて話聞きませんか?




防蟻剤は、薬剤なので、

体の弱い方、小さいお子さん、妊娠中の方、アレルギーを持っている方

には心配です。


我が娘もですが、

アレルギー性皮膚炎の子は、

皮膚が弱いので、

本当に心配。


防蟻工事をしてから、薬の効き目があるのは、5年程度。

長期間効果が続く薬剤は、人体や周囲の環境に害を及ぼす問題もあり、

最近では一定期間経つと、

自然に分解される薬剤が採用されています。





年数を経るとともに、

徐々に効果が薄れるように作られているので、


木材に薬剤を添付すると、

最初は問題ないのですが、

5年後にまた、

家に住みながら、

防蟻工事をする必要が出てきます。




家に滞在時間の長い母親や、

体の小さい子供に影響を及ぼす可能性が・・・・。



そんな事を考えると、

丘の上ハウスでは、

土台に檜を採用しています。




理由は、

檜にはヒノキチオールやαカジノールと呼ばれる、

ダニやシロアリが嫌う成分が含まれています。

だから

木材として耐久性や保存性が世界最高レベルと言われ、

世界最古の木造建築である法隆寺などにも檜は使われています。






新築時の金額は高くなりますが、

将来や、子供の事を考えると、

薬品より、天然素材を使う事が理想だと

感じています。